おんがくの彼岸(ひがん)

「出すぎた杭」の大人ピアノならではの自由と醍醐味(だいごみ)を楽しむtokyotoadのブログ

最近買ったCD

 

この夏から秋にかけて買ったCD:  

 

① 超一流ジャズピアニストさんによる劇伴のCD 

芝居やミュージカルなどの舞台や映画/テレビドラマなどに使われる劇伴音楽は、総合芸術に欠かせない重要な要素だ。 このCDの音楽が使われた実際の芝居は観に行けなかったけれど、この異界的な超絶ピアニストさんと、同じく野武士が鬼に変化したような共演ミュージシャン陣ならではの、ジャズや民族音楽やクラシックが混然一体と融合した唯一無二の音楽世界が堪能できた。 4つの音を使ったメロディのモチーフの繰り返しが、ある曲では乾き切った無機質感を、別の曲では怖くなるようなどうしようもない寂寞(せきばく)感を、またある時はガラスのような危うげな悲しい美しさを、というふうに、さまざまな心象風景を醸し出す。 かたや、バンド演奏による能天気な音楽によって逆に強まる、醒めた厭世感。 生身の人間の鼓動と息吹が全方向的に炸裂すると同時に、ふと、この世の対岸に在る世界を感じさせる、これぞ芸術! このピアニストさんは、若い頃から劇伴音楽や舞台芸術や写真芸術や文学作品や舞踏&即興ペインティングとの音楽コラボレーションをしてきた、音楽家でありながら音楽にとどまらない芸術家といえる。 いつもながらの唯一無二の異界の世界観で、感性の鋭い若き文化人たちの音楽的ビーコン(松明=たいまつ)になったという印象を受けた。 これからも、日本の芸術の最前線で音楽のエンヴェロープを強烈に開拓し続けてくれることだろう! 

劇伴音楽は、ワクワクするジャンルだ。 私が子どもの頃から好きな劇伴音楽は、宮川泰(ひろし)氏による「ゲバゲバ90分」と「宇宙戦艦ヤマト」、そのほか、「ウルトラマン」・「ウルトラセブン」・「帰ってきたウルトラマン」、「太陽にほえろ!」、そして「水戸黄門」や「鬼平犯科帳」や「大江戸捜査網」など各種時代劇の音楽だ。 映画では、教授の「ザ・ラスト・エンペラー」や、「スターウォーズ」の一番最初のエピソード。 それから栗コーダーカルテッドによるテレビ番組「ピタゴラスイッチ」の音楽や、元メンバーのギタリストさんによるアニメーション映画の音楽もよかった。    

 

②  超一流ケンバニストさんのオリジナル楽曲CDの新譜 

「ケンバニストさん」としたのは、この人がアコースティックピアノ・ステージピアノ・シンセ・ハモンドオルガンアコーディオン他の鍵盤楽器を使って、メインストリームの音楽ながら、さながら怖くなるような異次元の即興演奏を行うからだ。 メインストリームの音楽産業のサポート演奏で活躍する人だが、この人の自作曲には、ある種の「怖さ」というか、この世のものではないものが感じられる。 つまり、正真正銘の音楽家ということだ。 若い頃からの、めくるめくコード進行が展開しまくる自作曲からして「この人はオカシイ!」と思わせる異形の音楽才能の持ち主だが、今回の新譜はもうコワイよ!素晴らしいよ! メインストリームの聴きやすいインスト音楽に聞こえるんだけど、バックノートに「天と地の鼓動」というか神羅万象の宇宙をひしひしと感じるよ。 その理由は、この人の異形の音楽センスと、ハーモニーに対する鬼のような注力と、共演者もまた異次元の即興演奏を繰り出す「音楽の鬼」たちで、彼らの有機的な化学反応によって音楽による神羅万象表現が出現するからだろう。 この人の今回の新譜の中に、私が個人的に「自分がこの世を旅立って青空の高みを安らかに飛んでいく時にBGMで鳴っていてほしい曲はこれだ!」と思った、私にとって究極の曲つまり天上界の音楽があった。と思うくらいなので、もうこの人コワイよ!アカの他人に「自分がこの世を卒業する日に聴いていたい音楽!」と思わせる、これぞプロ中のプロが創り出す音楽だ!

 

ユーミンの50周年CD 

もうこれはね、ユーミンですからね。 日本の音楽の天照大神(あまてらすおおみかみ)だからね。 はっきり言ってジャケ買いです。 だって、ジャケットのユーミンの絵、後光が差してるもん。 ロシア正教のイコン(アイコン)みたいに、さっそくCDケースを部屋に飾りましたよ。 私の神棚です。 下記の記事に書いたとおり、ユーミンは、やまとの国の日巫女(ひみこ)のリインカーネーションだからね。 ユーミンの音楽については、後日このブログに書きたいよ。 私にとって、子どもの頃から、ユーミンは音楽の神様だ。 そういうことです。 そして、これからもそういうことです。 ユーミンばんざい!

 

tokyotoad