音楽の彼岸のピアノ遊び

大人のピアノ道楽を満喫するピアノ一人遊びの日々

自分の演奏を動画に撮ると、いろいろ気づける

 

私が「この人は一流以上だ!」と思うケンバニストさんたちが口をそろえて言うのは、「自分の演奏を録音して自分で聴くと良い」という内容だ。 

 

自分が信奉するケンバニストさんたちのプレシャス過ぎる金言なので、私はピアノを弾くときは毎回、ICレコーダーで録音しっぱなしにしていて、定期的に、パソコンに外付けしたハードディスク(が今風に進化したHDなんとかってやつ)に取り込んで、聴いている。 最初は、自分の演奏なんてヒドイもんだから聞きたくもないよ!って思っていたけれど、聞き慣れるとやらかしミスを聞いても平気になるものだ(←これは重要かも)。 もちろん、自分の演奏よりも、自分が信奉する超一流のケンバニストさんたちの音源の超一流の演奏を長時間聴くことが大切だ。  

そして昨日は、久しぶりに自分の演奏を動画に撮って視てみたら、いろんな気づきがあったよ。  

 

自分の演奏を録音したり録画したりすると、いろいろ気づけることがあってプラスになると、本当に思う。 たとえば: 

 

自分の演奏がまんざらでもないことを知って、自信になる 

5年前とは大違い!「継続は力なり」って本当だね 

ピアノの種類によって、上手く聞こえる場合が大いにあると思った 

素人くさい演奏と、本物のプロの演奏と、どこが違うのかがわかる 

 

 

① 自分の演奏がまんざらでもないことを知って、自信になる 

「私なんて、いつまで続けてても、ヘタなままだから...」と自信のカケラも無い人が多いんじゃないかと思うけど、録音なり録画なりで自分の演奏を視聴すると、客観的に見ることができるから、「あれ~?まんざらでもないかもな~」って思うかもしれない。 そう思ったら、ちょっぴり生まれたその自信をすぐつかまえて、自分の心の中の宝箱に入れて、すぐにフタをして大切に貯めておくといい。 そして、仮に、ピアノのレッスンに行って、ピアノ教師からネガティブなダメ出しをされても、自分の宝箱にしまった小さな自信の宝石を絶対に明け渡してはならない! 偉そうなことばかり言う教師や、ダメ出しばかりする教師は、たぶん、子供のころや学生時代に、偉そうなことばかり言う高圧的な教師にダメ出しばかりされて、自分の心の宝箱の自信の宝石を全部明け渡してしまった人なのかもしれない。 そして、今度は、教師になった自分が誰かに高圧的にしたりダメ出ししたりして、誰かの自信を強奪して、空っぽになった自分の心の宝箱を埋めようとしているのかもしれない。 教師本人に全くそういう気持ちが無くても、無意識にそうしているかもしれない。 だから、そのような負の連鎖(=魂の地獄)には、絶対に寄り付かないことだ。 自分の心の宝箱の中でキラキラ輝く小さな自信の宝石たちを、人にあげてはいけない! と私は思う。 というのは、私はいつも自分の自信の宝石を人にあげつづけてきたと思うからだ。 今まで十分に人様に差し上げたから、もうあげないもんね。 だからこそ、自分の演奏録音や動画を自分で確認して、「あれ~、まんざらでもないな~。もっと良くなりたい点はいろいろあるけれど、今の時点では上出来だよ!さあ、これからも楽しく続けていこう。来年の今頃には、もっとできるようになっているに違いないよ!」と思えることが、とても大切なのだ。 

 

② 5年前とは大違い!「継続は力なり」って本当だね 

①と同じ。

 

③ ピアノの種類によって、上手く聞こえる場合が大いにあると思った 

これは、録画した自分の演奏動画を見てそう思った。 ピアノ教師やピアニストが「やっぱりグランドピアノ!そしてグランドピアノだったら大型の機種。そして、高級輸入ピアノがいちばん!」と言うのは、それなりの理由があるからかもしれない。 グランドピアノで弾いたほうが「上手く聞こえる」ような気がするんだよね。 たぶん、ピアノ自体が大きいほうが音に響きの深さが出るから「上手く聞こえる」のかもしれない。 アップライトピアノは、普通の家ではどうしても響板を壁にビッタリつけて置くから、響きがどうしてもスン詰まりになっちゃうのかもしれない。 アップライトピアノの場合は、可能な限り壁から離して置いたり、上の屋根を開けたり正面の板をとっぱらって弾くと、格段に豊かな音が出るだろう。 

でも、なんといっても、グランドピアノには「音大卒の人たちが持っている」っていうイメージが付いているから、イメージの恩恵で上手く聞こえるんだろうなぁ、って思った。 逆にアップライトピアノや電子ピアノは、そういうイメージが付いてないから、弾く人にゲタをはかせてくれないから、弾く人に厳しい楽器だと思う。 だからかなぁ、一流のケンバニストさんたちは、グランドピアノで勿論スゴイが、アップライトピアノを弾いても素晴らしい音楽を奏でるんだよね。 ということは、グランドピアノで上手そうに聞こえてもアップライトピアノの演奏が冴えない人は、二流以下だということが、わかってしまうんだ。 グランドピアノが隠してくれていたボロが、アップライトピアノは隠してくれないから、二流以下的ツメの甘さがあからさまに出ちゃうんだよ。 素人にとっては、「グランドピアノの威を借る下手な自称プロ」を厳しく見極められる。 

一流以上のクラシックピアニストが、海外の高級グランドピアノを欲しがる理由は、テクニックではもはや皆さん一流以上だから高水準で「似たり寄ったり」なので、そうなると、楽器そのもので差別化したいと思うようになるのかもしれない。 バイオリニストがストラディヴァリだっけ?を欲しがるように。 「クラシックピアニスト」としたのは、クラシックピアニストは、昔の大作曲家たちが作った曲を、楽譜通りに寸分たがわずに弾いて凌ぎを削る商売だから、音楽コンテンツで自分を差別化しにくい。 だから、演奏する楽器(ピアノ)の大きさやランクへのこだわりが強くなるのかもしれない。 これに対して、ジャズピアニストやキーボーディストは、即興演奏と自作曲が自分の売りに占める割合が大きいので、ピアノの機種よりも、自分が創出する音楽コンテンツで自分を差別化する方向に向かうのだろう。

素人のクラシックピアノ愛好家についても、買えるおカネと、良い状態で置ける環境を持っているのなら、良い楽器を買ったほうが、楽器が助けてくれることが有るのではないか、と思う。 これに対して、ジャズやポップスなど非クラシックのケンバン愛好家は、なにはなくとも、ケンバン楽器で音楽文法にのっとった即興演奏をして自己表現したくて非クラシック愛好家なはずだから、ピアノの種類よりも先に、即興演奏ができるようになりたい。 そのためには、ケンバン楽器であれば、グランドピアノでも電子キーボードでも、何でも構わない。 いやむしろ、ギアがセカンドに入るまでは、いやいやギアがサードに入っても、電子キーボードやエレピのほうが断然有利かもしれないと、私は思う(ギアがトップに入ったら、もはや弾くケンバン楽器を選ばない、達人の演奏だ)。 どんなに高級なグランドピアノを持っていても、即興演奏ができなければ初心者だし、逆に、通販でポチった電子キーボードで立て板に水の目の覚めるような即興演奏ができる人のほうが、はるかに達人で尊敬されるのだ。 

超一流のケンバニストさんやピアニスト(ピアノ専門)さんがエレピや電子キーボードを弾く場合、その演奏はスゴイ。 弘法は筆を選ばない。  

 

④ 素人くさい演奏と、本物のプロの演奏と、どこが違うのかがわかる  

自分の演奏動画を撮って見てみると、どこが一流以上のプロの演奏と違うのかに気づくことができる。 私が思う、一流以上のプロと二流以下(素人を含む)の演奏の違いは:

 (1) タイムキープ能力(拍子感覚): 一流以上のプロの演奏は、拍子が正確無比でピシッ!と決まっていて、しかもリズム感がキレッキレ! これに対して、二流以下の演奏は、走る、だれる、焦る、舞い上がる、演奏する自分に酔いしれて自分を喪失、勢い任せ。 その結果、拍子やリズム刻みがぞんざいになって、雑でルーズに聞こえる。 そのあたりに、素人っぽさが匂うのだ(と自分の演奏動画を見てつくづく感じたよ...)。 「神は細部に宿る」というが、音楽に関しては、「拍子とリズムを正確に刻めるかどうか」は確実にその「細部」だろう。

 (2) 演奏時の動き: 一流以上のプロは、演奏動作が小さい割に、スケールの大きい音楽を演奏する。 言い換えれば、一流以上のプロは、ものすごい音数を高速かつ大規模で鳴らしている割には、腕から指先にかけての動きが少なかったり、肩~肘~前腕がものすごく安定していたり、指を激しく動かさなくても数オクターブにまたがる高速パッセージを涼しい顔で弾くというか、紡ぎだす音楽の熱量の大きさの割に、演奏動作が冷静沈着。 つまり、クールだ。 こういった一流以上のプロは、たった一人で涼しげに演奏しているのに、「連弾ですか?」みたいなスケールが大きく豊かな音楽を創出する。 非クラシックのジャンルではバンドメンバー間の化学反応などでノリノリの動きになることもあるが、一流以上のケンバニストは、どんなときにも正気の目をしていて、自分が今何をどうやっているか醒めた視点から見下ろしながら演奏している。 つまり、自分が創出する音楽がヒートアップしても、頭は冷静沈着、クールな状態なのだ。 

これが、二流以下になると、まったく逆の状態になる。 思い入れたっぷりに腕をヘビのようにうねらせたり、肘を無駄に回したり、鍵盤をたたく手の動きがワシャワシャヒラヒラと無駄にせわしなかったり、鍵盤に手や指を常時たたきつけるような「情熱的に弾き放つ!」系の演奏だったり、下手な役者の演技のように無駄に身体をヒョコヒョコ動かして滑稽に見えたり、力任せ&勢い任せの一本調子だったり、そんな自分に酔いしれて我を失った独りよがり演奏だったりと、思い入れたっぷりで大袈裟でドラマチックで慌ただしく落ち着きが無く、何かにせきたてられるように弾き放つ感極まった演奏動作なのだが、その大袈裟かつ「いったい何をそんなに焦っているの?」な演奏動作の割には、大した音楽を奏でていない。 言い換えれば、二流以下のピアニストは、演奏動作がクサくてピリピリしている。 クサくてピリピリしている割には、奏でる音楽が味気なくてつまらない。 そして、大の大人が弾いているのに、「ピアノの発表会弾き」というか「公園の砂場遊び」というか「何かに弾かされている」感があるというか、つまり演奏がガキっぽい。 要するに、演技過剰で感極まった無駄に暑苦しくヒステリックな演奏動作の割には、紡ぎだす音楽が、寒い。  

 

tokyotoad