おんがくの彼岸(ひがん)

大人の独学ピアニストtokyotoadのブログ

ピアノで左手が動かないのは「右利き動作」が原因

★ピアノの先生/ブロガー/ユーチューバー/出版社/放送局など方へ: このブログに記載されている内容を、レッスンや出版などの営利目的/非営利目的(レッスン等で使用・販売する教材、レッスンで教える内容、宣伝等のためのブログ記事での使用等を含む、営利目的につながる可能性のある使用)や非営利目的その他の目的のために、このブログの作者(原作者)であるtokyotoadへの事前の承諾なく無断で使用(複製・コピー・利用・転用・流用・編集・加工・出版・頒布・送信等)することは、原作者の権利や人格を保護する著作権法に対する違反行為です。くれぐれもご注意ください。

=======

 

ピアノで左手の指が動かないのは、

その人が右利きだからだと思います。

 

「そんなこと、当たり前だ!」

そうですね。 でも、本当にそれだけでしょうか?

「当たり前」なら、どうして、左手の指練習をしても、ほとんどの人が上手くいかないんでしょうか?

「それはあなたの練習不足! 左手の指練習をもっともっとしましょうね!」

それもそうでしょうが、それだけでは、

「右利きであること」が一体どういうことなのか?

という、具体的な原因に光を当てていないと、私は思います。

 

右利きの人は、生まれてから今まで、右手を主に使って生きてきました。

日常生活のなかで、右手はいつも、メインの主役の動きをしてきました:

ものをつかむ、お箸を持つ、鉛筆を握る、フタを開ける、ハサミを持つ...。すべて右手の仕事です。

これに対して、左手は、日常生活のなかで、右手の動きを支える、裏方の動きをしてきました。 

 

右利きの人が、お盆を持って、

そのお盆の上にミカンを置いて、

そのミカンをテーブルに置くとき、あえて意識をしなければ、

ミカンをつかむのは右手。お盆を支えるのは左手になります。

そのとき、ミカンをつかんだ瞬間の右手は、手の甲が上になって、親指は左側にあるはずです。 そして、右腕の手首も前腕も、手の甲と同じ側が上になっています。

これに対して、お盆を支える左手は、手のひらが見えていて、左の手首も前腕も、手のひらと同じ側が見えているはずです。 脈をとるときに触る手首の静脈や、肘(ひじ)の内側が、見えているはずです。

ミカンもお盆も置いて、両手に何も持たないで、いまの動きを再現すると、

右腕は、右から左に向きに回転して、手の甲が上になって、親指の爪側が左を向く。

左腕は、右から左に向きに回転して、手のひらが上になって、腹を見せた親指は左側を向く。

右利きの人がバスケットボールでシュートをするときに、 頭の上でボールを持って投げる直前の両手の向きと同じになります。

これが、右利きの人の日常生活の動作です。

「右利きの生活の動作」。つまり「右利き動作」です。

「右利き動作」は私が作った造語です)

 

これが、ピアノで左手が動かない原因です。

右利きの人がピアノで左手を動かしづらいのは、

右利きの人の左手が、いつも手のひらを上に向けたがっているからです。

ところが、ピアノを弾くためには、左に回転して上を向こうとする左手を、右に回して下を向けて鍵盤をたたかなければなりません。

でも、上を向くクセがついてしまった左手の、とくに親指は、上方向にそっくりかえりたくてしょうがない。

だから、左手の指くぐりが上手にできないのです。

 

これが認識できていない状態で「左手の指練習をもっとしましょうね」だけでは、何年、何十年たっても、ぶっちゃけ死んでも、左手は動くようにはなりません。

なぜなら、左手が左に回転して上を向のは、長年の「右利き動作」によって身体が捻じれて、体重が左斜め前方にかかっているからです。

いつも、上半身の重みが数十キロも、のしかかっているから、上を向いた左手は動かないし、左の親指は曲がってくれないし、左の小指が崩れるし、左手の音が右手より大きくなってしまうのです。

 

右利きの人は、生まれてからずっと、人によっては何十年も、「右利き動作」で生きてきたので、この「右利き動作」が骨の髄まで染み込んでいます。

「右利き動作」の最たる例が、右投げのピッチャーのオーバースロー投球の動作ですが、右利きの人は、起きてから寝るまで、野球のピッチングよりももっと微細で、数え切れないほどの回転運動を右の肩~肘~手首~指にかけて、一年365日続けています。

それが、何年、何十年と積み重なるうちに、「右利き動作」がしやすいように、身体の回転軸が背骨から左側に外れていき、身体の軸が捻じれ、上半身の体重が左半身にかかるようになります。

その結果が、背中の左側の鈍痛であり、左の股関節・膝・足首の痛みや、左の五十肩です。

背中の左側の腰や肩甲骨の内側が凝るのは、凝っている場所が、「右利き動作」の回転運動の支点になってしまっているからです。

一方で、「右利き動作」の支配を受けた左腕は、胸鎖関節~左の肩関節~左肘~左手首~左手の各指の指先まで、すべての関節が、身体の左外側に捻じれていって、ついには固まってしまいます。 それで、左手の手のひらが上を向くようになるのです。

だから、この問題に対処しなければ、ピアノで左手が動かない問題は、未来永劫なくならないでしょう。

というのが、子どもの頃からピアノで左手が動かしづらく、大人になってピアノを再開してから、動かない左手をなんとかしようと3年以上試行錯誤してきた私の結論です。

左手が動かない人で、

 ①身体が固い(股関節が固い人は全身が固まっている)

 ②身体が捻じれて歪んでいる(左の股関節や膝や足首が痛い、など)

という人は、まずは、身体をほぐして、身体の捻じれを取っていくと、それに伴って左手が動かしやすくなると思います。 全身がほぐれて柔軟になってくると、身体の捻じれが取れていきます。 

全身がほぐれていない状態で、左手だけ動くようには、絶対にならないと思います。

 

「わかった! 全身の捻じれを取ればいいんだ! じゃあ、どうすればいいの?」

残念ながら、そのためのお手軽なライフハックはありません。

身体が固まっていた私の場合は、左手が上半身の体重の負荷から解放されて、なんとか自由に動くようになるまで、身体ほぐし(各種ボディーワーク)の試行錯誤を3年間続けました。 身体操作やボディーワークの本を読んだり、ネットで情報を探したり、ボディーワークのセッションに参加したり、テレビや動画や写真や絵画の人物の動きや姿勢や、道行く人たちの動作を観察して、自分の頭で考えながら。 そして今も、試行錯誤を続けています。

同時に有能な整体師に通いながらだったら、もっと早く効果が出たかもしれません。

 

普段の生活によって、常に身体は捻じれてくるので、なにはなくとも自分の健康のために、身体ほぐしをずっと続けていこうと思います。 武道やボディーワークの一流の専門家は、身体操作の試行錯誤を、一生涯の間、死ぬまで続けています。 だから私も、死ぬまで続けていこうと思います。

 

「左手が動かないのは右利きだから ⇒ だから左手の指練習」という行程に欠けているのは、「脳を使って考える」行為です。 脳を使って考えることをしないでいくら必死に一生懸命努力しても、投下した時間&金銭コスト(つまり人生)の無駄です。(これを「努力好きの怠け者」と形容した勝間和代さんはウマイ!)。 

 

2015年ごろにピアノを再開してから、ピアノのメカニカルな演奏技術について自分で試行錯誤を続けてきましたが、ピアノで左手が動かない理由について、この記事に書いた内容に言及する情報が、ネット上に見当たらなかったので、かつての私のように悩んでいる人がいるかもしれないと思って、書きました。

この問題をずっと認識せずにピアノを教えてきたピアノの先生たちは一体どこを見ていたのか?と言いたくもなりますが、ネットを見る限り、クラシックバレエでもスポーツでも、身体の捻じれによる歪みを認識して教えている先生は大変少ないようです。 これが、お稽古事の実情です(が、プロのクラシックピアニストでもこの問題を認識している人は少ないと思いますし、認識していたとしても、プロだからこそ身体操作の秘訣について黙っているんだと思います)。

この問題に対処できるのは、武道や整体やヨガや各種ボディーワークの、有能な専門家だけのようです。

もっとも、最終的に、この問題に対処できる人間は、自分だけです。

 

===以下は、この記事から移動しました:ピアノで「指が回らない」人の特徴 - おんがくの彼岸(ひがん) 続きを読む